エコ革 京都テクノロジー事業部 ロゴ

飛沫可視化サービスCOVID-19

飛沫可視化サービスとは

飛沫可視化サービスとは、IMU搭載3Dレーザースキャナーにより対象物の複数カ所の点群データを取得後、複数の点群データを合成し建物全体の点群データを作成します。建物全体の点群データを基に空調設備を付加した3D CADモデルを作成し、CFDによる気流シミュレーションおよび飛沫のシミュレーションを行います。シミュレーション結果から、建物内に浮遊する飛沫の経路を可視化し、屋内空間における感染症対策の課題を明確化します。

エンジン搭載 長距離飛行ドローン
図1 飛沫可視化システムの作業プロセス
使用するレーザースキャナー&ソフトウェア
図2 本サービスの主なプロセスと使用するレーザースキャナー&ソフトウェア

オフィス内の飛沫シミュレーション事例

オフィスや建物全体の点群データを取得し、3D CADモデルを作成した後、空調機器の情報を付加して気流および飛沫のシミュレーションを行った結果です。可視化された結果から換気や空気浄化などの感染防止につながる対策案を提示することや、AIを用いた空調の最適化検討も可能となります。

気流シミュレーション

気流シミュレーション

飛沫シミュレーション

飛沫シミュレーション

3Dスキャンの事例:総合格闘技「パンクラス」会場のスキャニング

新型コロナ対策に積極的に取り組んでいる総合格闘技「パンクラス」の酒井正和代表立会いのもと、9月27日にパンクラス試合会場で行われた無観客試合での室内空間をレーザースキャンした事例です。1カ所あたり2分弱で約220万点の点群データ取得し、約30カ所の点群データをIMUと独自テクノロジーを用いて合成し、屋内全体のデータを作成しました。今後は1500名程度の観客を想定し、「飛沫可視化サービス」を行うことで安全性、最適配置、空調及び換気の検証を行っていきます。

点群データ取得風景
図3 パンクラス試合会場における点群データ取得風景(9月27日撮影)

各種サービスに関して

(1)飛沫可視化サービス:点群データ取得、気流シミュレーションおよび飛沫シミュレーション
(2)空調最適化診断:AIを用いた空調最適化の提案をいたします。
(3)室内換気システムの設計検討: 室内の飛沫を捕集し、ファンにより室外に放出する
(4)室内浄化システムの設置検討:室内の飛沫を補修し、深紫外線殺菌装置によりウイルスを

室内換気システムの設計検討

室内換気システムの設計検討

室内浄化システムの設置検討

室内浄化システムの設置検討

お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る